履歴書の書き方マニュアル | 外国人向け求人サイト-はたらくJAPAN

英語日本語フィリピン語インドネシア語ベトナム語ミャンマー(ビルマ)

履歴書の書き方マニュアル

履歴書とは

履歴書は、氏名や住所・学歴などの「プロフィール」と、志望動機・自己PRなどの「人柄のアピール」を書類にまとめたものを指します。
応募企業に対しての熱意を伝えるのはもちろん、自分を採用するにあたってどのようなメリットがあるのかを伝える重要な書類になります。

採用担当者は履歴書を見たうえで、直接本人と話をするかどうかを判断しますので、正しく且つ丁寧に作成する必要があります。
書類を作成する上でのポイントを解説しますので、参考にしながら履歴書の作成をしてみましょう。

基本情報

応募者のプロフィールを確認する部分です。
氏名や現住所、連絡先など、個人情報を記入します。

日付 履歴書を提出する日
氏名 姓と名の間は、スペースを入れる
ふりがなの欄は、履歴書の指定に合わせて「ひらがな」「カタカナ」を選択
年齢 履歴書を提出する時点での年齢を記入
写真 サイズは縦4cm×横3cm
3ヶ月以内に撮影したもの
正面から撮影して、胸から上が写っているもの
撮影時の服装は、基本的にジャケットを着用
(男性はネクタイ、女性は清潔感のあるインナーにしましょう)
*カメラマンによる証明写真が撮れる店舗に依頼するのがおすすめです。
写真の明るさや若干の修正調整もしてくれます。写真は第一印象を大きく左右します。
現住所 都道府県から記入
マンション名や部屋番号は、省略しない
TEL 日中に連絡がつく電話番号。携帯でもOK
年齢 履歴書を提出する時点での年齢を記入
在留資格・有効期間 現状、在留資格をもっている人は記入

学歴・経歴

履歴書の学歴・職歴は、正確に記入してください。
記入ミスをすると経歴詐称にもなりかねませんので、正確な情報を記入しましょう。

学歴 1行目に「学歴」と記入、2行目から実際の学歴を記入
高等学校から学歴を記入(古いものから順に時系列で記入すること)
名称は正式名で記入(「高等学校」を「高校」と略さない)
×  高校
〇 高等学校

大学は、学部・学科まで記入
在学中の場合は、卒業予定月を記入(卒業ではなく、卒業見込みと記入)
職歴 学歴を記入したあとに、1行目に「職歴」と記入。2行目から実際の職歴を記入
まだ就職をしたことがない人は、アルバイトやインターンシップ経験があればそのことを記入
名称は正式名で記入(「株式会社」を「㈱」と略さない)
× (株)
〇 株式会社

全ての職歴を記入し終えたら、最後は右端に「以上」と記入
在籍中・就職をしたことがある人 就職をしたことがある場合は、入社と退職はセットで記入
部署名も記入
退職した理由も併せて記入する
・自己都合での退職:「一身上の都合により退職」と記入
・会社都合での退職:「会社都合により退職」と記入
・事前に契約期間が決まっている場合での退職:「契約期間満了により退職」と記入
在籍中の場合は、最後に「現在に至る」と記入
退職予定で退職日が決定している場合は、退職年月と退職予定を記入
全ての職歴を記入し終えたら、最後は右端に「以上」と記入

免許・資格

時系列の順で記入します。
名称は正式名で記入します。
昔、取得した免許や資格でも記入できます。
現在、勉強中の免許や資格があれば、「取得に向けて勉強中」などと記入し、取得に向けて励んでいることをアピールするのも良いでしょう。

特定技能の在留資格で日本で働きたいと思っている人は、各業種の特定技能評価試験の合格、または勉強中であることの記入が必要です。
英語力が要求される業種はTOEIC800点以上だとアピールできます。


<参考>
 ・合格:合格証が発行されるもの
 ・取得:免許証が発行されるもの
 ・修了:研修などを終えたこと

志望動機

志望動機には、その企業で働きたいという理由を記入します。
スキルアップや興味があるなどのプラス理由の動機は良いですが、人間関係や働き方・家庭事情などマイナス理由の動機は印象が良くありません。
説得力のある志望動機を簡潔に書きつつ、応募に至った背景やエピソード、入社後に取り組みたいことなどの意気込みを記入しましょう。
ありきたりな文章ではなく、自分の言葉で企業への思いを伝えると、採用企業の目に留まりやすくなります。

 ・原則、敬語で記入
 ・伝えたい気持ちをコンパクトにまとめ、枠内80%ぐらいの文章にしましょう。
 ・応募先企業は「貴社」と書きましょう。「御社」は話し言葉になりますので、書類を書くときには使いません。

自己PR

自己PRは、採用をするにあたり、非常に重要視されます。
自分がどういう人物であるか、自分の強みは何か、入社後にどのように戦力になるのかを記入します。
自分自身を客観的に見て、自己分析することをおすすめします。分析することで、自分の強みや弱みがわかってきます。
文章にするときは志望動機同様、自分自身の言葉で表現することが大事です。
また、企業分析も併せて行い、企業を理解したうえで自分が適合している人材であることをアピールしましょう。

 ・原則、敬語で記入
 ・伝えたい気持ちをコンパクトにまとめ、枠内80%ぐらいの文章にしましょう。

本人希望記入欄

同じ会社で複数職種の求人募集がされている場合の希望職種、入社可能日・退職予定日、日中の連絡先、絶対に譲れない条件がある場合があれば記入します。
特に希望がない場合は、「貴社の規定に従います」と記入します。

空欄は、記入漏れと区別がつきませんので、必ず何かを記入します。給与や待遇面を記入することは、条件ばかりが先行し、良い印象を与えません。
どうしてもという条件以外は、面接のときに伝えましょう。
また、志望動機や自己PRは、本人希望記入欄に書かないようにしましょう。

その他

通勤時間や自宅最寄り駅の確認は、採用判断の材料の一つになります。
応募者の通勤負担や勤務地希望の確認、終電時間、交通費の金額を採用企業は確認しますので、正確に記入しましょう。
また、扶養家族や配偶者の有無については、会社が所得税の計算や健康保険の手続きをする上で必要な確認事項になります。

通勤時間 徒歩または公共交通機関を利用した場合の、片道の通勤時間を記入
自宅の玄関から会社に到着するまでの時間を記入
時間は5分単位で記入
自宅最寄り駅 自宅から一番近い公共交通機関の駅を記入
電車よりもバスが自宅から一番近い場合は、最寄り駅を記入したうえで、最寄りのバス停名称を記入
本人希望記入欄に、バス通勤があることやバス路線を記入すること
扶養家族 あなたの収入で養っている家族全員が扶養家族に当てはまる(同居有無関係なし)
例)自分・妻・子供2人の場合、扶養家族は2人になる。
(配偶者(妻)は該当しない、子供の収入が130万円以下の場合)
配偶者の有無 婚姻関係の相手がいるかどうか
(独身の場合は「無」、結婚している場合は「有」)
結婚している場合、相手の扶養義務があるかどうかも記入
(相手の収入が130万円以上の場合は「無」、130万円以下の場合は「有」)