ビルクリーニング分野 特定技能評価試験案内(日本国内試験) | 外国人向け求人サイト-はたらくJAPAN

英語 日本語 フィリピン語 インドネシア語 ベトナム語

ビルクリーニング分野

特定技能評価試験 案内
(日本国内試験)


現在、日本国内での試験は終了しています。次回の試験開催情報をお待ちください。


ビルクリーニングの業務内容

ビルクリーニングの業務内容は「美観の維持」「衛生環境の保護」となり、建築物の汚れを取り除き、清潔で安全な環境を維持する仕事になります。対象となる建物は住宅を除く「建築物」内部の清掃全般について行うことになり、オフィスビルや商業施設だけではなく、マンションの共有部分やホテルなどの宿泊施設も対象となります。

主に・・・
●資機材倉庫の整備作業
●建物外部正常作業(外壁、屋上等)
●客室以外のベッドメイク作業
●建築物内外の植栽管理作業(灌水作業等)
●資機材の運搬作業(他の現場に移動する場合等)
●ベッドメイク作業を除く客室棟整備作業等

上記のような業務が対象となります。

また、ビルクリーニングの業務内容として、宿泊施設のベッドメイクも含まれます。
通常、ホテルでの仕事については、特定技能の「宿泊」分野での雇用となりますが、ベッドメイクに関しては特定技能の「宿泊」でも「ビルクリーニング」でも対象となります。
その他、ホテル以外でのベッドメイクについても、ビルクリーニング作業に関連する業務として従事が認められていますので、病院や介護施設でのベッドメイクなども、今後広がっていく可能性があります。

試験の概要

この試験は、日本のビルメンテナンス 企業に就職し 、 在留資格「特定技能1号」として、ビルクリーニング分野で働きたい外国人に対し、評価を行う技能試験です。
日本の ビルメンテナンス 企業に就職するためには、この試験の他に、日本語試験を受ける必要があります。
(日本語試験は、国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)、または日本語能力試験(JLPT)のいずれかの合格が必要)

なお、技能実習2号修了者(ビルクリーニング職種に限る)は、この試験と日本語試験のどちらも受ける必要はありません。

受験資格

●試験は、試験日において 17歳以上で、在留資格を有している方であれば受験することができます。
●在留資格「短期滞在」をもって日本に在留する方でも受験が可能です。(中長期在留歴がなくても受験可能)
●在留資格を有していない方(不法残留者等)については、受験は認められません。

※ただし、試験に合格することができたとしても、そのことをもって「特定技能」の在 留資格が付与されることを保証したものではありません。
試験合格者に係る在留資格認定証明書交付申請または在留資格変更許可申請がなされたとしても、 必ずしも在留資格認定証明書の交付や在留資格変更の許可を受けられるものではないことに注意してください。

試験日程・会場・定員

     
会場名 住所 定員試験日程
東京会場 東京都荒川区西日暮里5-12-5  ビルメンテナンス会館 200名2023年1月30日(月)
2023年1月31日(火)

※申込み人数により試験日程を変更する場合があります。
※会場によって、試験日が複数ある場合があります。会場は選べますが、試験日を選ぶことはできません。試験日は、受験票を通知する時にお知らせします。
※試験日、試験時間を選ぶことはできません。試験日、試験時間は3月下旬にメールでお送りする「受験票」に記載いたします。
 一人ひとり試験日・試験時間が異なりますので、 必ず、自身の「受験票」に記載された内容をよく確認してください。
※試験会場に待機場所はありませんので、試験当日は「受験票」に記載された「受付時間」に会場にお越しください。

試験内容

日本語(漢字にひらがなのルビあり)による実技試験を行います。
実技試験を再度受験する場合は、毎回、判断試験と作業試験の両方を受験する必要があります。

過去の試験内容

●実技試験問題:「ビルクリーニング 分野特定技能1号実技試験問題」
●過去問題:2019年判断試験(問題)2019年判断試験(回答)


配点

       
課題名 課題詳細 配点 基準点
判断試験写真・イラスト等により判断する試験 40 24
作業試験作業1:床面の定期清掃作業
作業2:ガラス面の定期洗浄作業
作業3:洋式大便器の日常清掃作業
60 36
合計 10060

合格基準

判断試験の点数が100満点の60%以上、且つ、作用試験(作業1.・2・3)の点数が100点満点の60%以上であること。

制限時間等

●判断試験:択一法17問(20分)
●作業試験:作業1・2・3全て通しで12分(標準時間10分※)※作業試験は、標準時間を超えた場合は減点に、制限時間を超えた場合は失格になります。

受験申請の手順・合格発表日(日本時間)

受付期間:2022年12月15日(木)10:00 ~ 12月20日(火)17:00

※受付期間厳守。受験資格を満たしていない場合には、申込みは無効になります。
※定員を超えた場合、受験資格を満たしている方から先着順とし、受付期間内であっても、受付を締め切ることがあります。


受験料振込先の案内:2022年12月23日(金)

申込をされた方全員に受付結果をメールで通知します。
また、受験が認められた方には、受験手数料(2,200円)の振込み先を合わせてご案内します。


受験手数料の納付期限:2022年12月28日(水)

納付期限までに受験手数料の納付が完了していない場合は、受験できません。


受験票の通知日:2023年1月16日(月)

受験申請内容に不備がなく、受験手数料の納付が完 了した方に受験票をメールで通知します。


合格発表日:2023年2月28日(火)10:00

試験を受けた全ての受験者に、順次、合否結果をメールでお知らせします。
また、全国ビルメンテナンス 協会のホームページに合格者の受験番号を公表します。
※電話による合否結果のお問い合わせには、応じられません。

受験申請方法

申請は、インターネットを通じて「全国ビルメンテナンス協会」のホームページから申請してください。

全国ビルメンテナンス協会 ホームページ

学習用テキスト

下記のテキストとDVDで学習してください。


判断試験

① 『目指せ!ビルクリーニング特定技能評価試験~学習テキスト~』
全国ビルメンテナンス 協会のホームページにて電子書籍で公開しています。
電子書籍はこちら:日本語英語インドネシア語ベトナム語ミャンマー語クメール語

② 2019年の判断試験過去問題

全国ビルメンテナンス 協会のホームページよりダウンロードできます。
過去問題はこちら:2019年判断試験(問題)2019年判断試験(回答)


作業試験

① 『ビルクリーニング分野特定技能1号評価験試験訓練用動画』
建築物管理訓練センターのホームページより購入できます。
ポイントダイジェスト版を公開していますので、試験勉強を始める前にご覧ください。(ダイジェスト版はこちら

その他

その他受験案内に関する詳細は、下記よりご確認ください。

ビルクリーニング分野特定技能1号評価試験 詳細




引用:公益社団法人全国ビルメンテナンス協会
ビルクリーニング業の求人を探す